肌のバリア機能

肌のバリア機能を崩さないことが美肌をキープするポイント

肌のバリア機能とは何でしょうか。

 

肌の役割は、外部から人体の内部を守ることです。このような重要な役目があるために、肌にはバリア機能というものがあります。

 

バリア機能には大きく分けて二種類に大別されます。まず1つめとしては、皮脂腺より分泌される皮脂というものの膜が挙げられます。この皮脂による膜、肌自体の乾燥を防ぐのみではなく、肌を雑菌の繁殖がしにくい良好な状態を保つために必要です。

 

2つめとしては、肌の角質層にある微細な隙間を埋める細胞間のマトリックスです。これは、セラミドやコレステロールなどが主となる細胞間脂質とも言われる層と、アミノ酸、尿素などの天然保湿成分層が重なり合い、必要な水分を保つ働きをしています。

 

この2つの絶妙なコントロールによって、肌のバリア機能が成立し、体が守られているのです。

 

しかし、このバリア機能のバランスが崩れると大変なことになります。様々な要因により、皮脂の分泌が必要分だけ保つことが出来ず、皮膚表面層が壊れてくると、肌が乾燥から守ることができなくなってしまいます。

 

また、肌は弱酸性を維持することが困難となり、健康な状態が保つことができなくなってしまいます。平均すると、女性は男性と比較して、この重要な皮脂の分泌量が5割程度ではないかと言われ、いわゆる乾燥肌やアトピー肌の方は更に少ないと言われています。

 

肌の乾燥の要因は色々なものが重なっており実際は複雑ですが、少なくとも皮脂膜が不足することで乾燥は進行してしまいます。

 

この不足分を補うために、保湿成分を含んだスキンクリームは非常に重要なのです。