ワセリン 種類

ワセリン、プロペト、サンホワイトの違いについてまとめてみました

多分誰でも一度は聞いたことがある「ワセリン」。今回はワセリンについて書いてみたいと思います。

 

そもそもワセリンとは。石油から抽出された油です。高い保湿、保護効果を持っており、無味無臭。化粧品や軟膏などの基材になることも多いです。

 

刺激が少ないので、アトピーなどの治療などに使われることもあります。

 

「石油」と聞くと良くないイメージを持つ方も多いかもしれませんが、現在売られているワセリンは石油を精製して純度を高めている為、肌に塗っても害はありません(勿論中には合わない人もいると思いますが)。

 

それに、普段意識しない方も多いと思いますが石油だって本来は自然の産物です。

 

一口にワセリンと言っても白色ワセリン、プロペト、サンホワイトP−1と様々な種類があります。純度は白色ワセリン<プロペト<サンホワイトP−1の順で高いです。

 

プロペトは赤ちゃんにも使え、口に入っても安心。不純物が殆ど無く、保湿はしますが肌や粘膜の中には浸透していきません。だから刺激が殆ど無いんです。

 

因みにプロペトを更に精製し、不純物を少なくしたものがサンホワイトです。

 

当然、純度が高くなるにつれ値段も上がります。白色ワセリンは50グラムで200円ちょっと。ドラッグストアなんかでも買えます。

 

対するサンホワイトは同じ50グラムで1000円くらいします。より低刺激なものを求めるならサンホワイト、そこまで気にしないなら白色ワセリンがいいでしょう。

 

全身に使えて低刺激なワセリン。「石油だし…」と敬遠せず、一度使ってみてはいかがでしょうか。